危険な場所

ムカデは夜間を中心に活動するため、家に侵入しても気づかない事が多い危険な生き物です。
暗い場所に身を潜め、獲物が現われるのを待っています。
そのため、気付かずムカデがいる場所に手や足を入れて被害にあうというケースが多くあります。
そこで、注意するべき危険な場所について簡単に説明をしていきます。

布団の中

ムカデは数多くの足を持ち、この足には無数の刺があります。
そのため、天井や壁などを刺を引っ掛ける事で素早く走る事ができるため、床ばかりではなく天井なども注意する必要があります。
寝室の布団の中に潜んでいる事もあり、人が布団に入った瞬間に被害にあってしまうケースが多いため、就寝前にはチェックを行いましょう。
何匹も布団の中にいたという場合、室内で繁殖している可能性があるためムカデ駆除業者に駆除を依頼すべきです。

履物

ムカデの侵入が多く、人が最も被害にあっているのが履物の中です。
靴やスリッパなどに足をいれた瞬間に噛まれてしまうというトラブルが数多く発生しています。
靴の中は湿気があり常に暗い事から、ムカデにとっては非常に過ごしやすい環境です。
長期間放置している靴の場合、靴の内部で繁殖している場合もあり、ムカデの心配がある場合にはまず履物のチェックを行いましょう。