都会でも

ムカデが発生する場所としては、田舎というイメージが強いですが、実は都会でも被害はでています。
主に森や林などで落ち葉や枯れ木の下などでムカデは生活を行いますが、時に家屋に侵入して大量発生してしまう事があります。
近年の住宅は気密性が非常に高く湿度が高いため、ムカデが繁殖しやすい環境が自然と生まれています。
大量に発生すれば危険性も高まるため、しっかりとムカデ駆除を行いましょう。

環境

現在、ムカデの生息域は非常に広く、日本では北海道以外の全国各地に生息しています。
そのため、田舎であれ都会であれ、ムカデの被害を受ける可能性があるため注意が必要です。
ムカデの好む環境としては湿気があり薄暗い場所であり、住居の床下などに潜んでいる可能性が高いと言えます。
つまり、風通しを良くし、常にカラっとした環境を整える事でムカデの被害にあう可能性を低くする事ができます。

自然な流れ

ムカデが住宅で繁殖する理由とされるのが、食料を求めての侵入です。
湿気が多い家庭では、カビや埃が溜まりやすく、このカビや埃を餌とするダニが発生します。
こうしたダニを餌とする昆虫が家屋に侵入した結果、ムカデはその昆虫を狙って家屋に侵入し繁殖を行う事になります。